本文へ移動

社員のつぶやき

薬剤を撒かないシロアリ防除

2021-05-01
カテゴリ:シロアリ
桜が終わるころになると気温もぐんぐん上昇し、虫たちの活動も活発になってきます。
その中でもこの時期特にお問い合わせが集中するのがシロアリ。
シロアリ自体は一年中いるのですが、今お問い合わせが殺到するのは
この時期に羽蟻を飛ばす習性があるためです。
シロアリ防除法にも様々ありますが、今回は薬剤を撒かないセントリコンシステムをご紹介いたします。
まず家の周りに専用の工具で小さな穴を掘っていきます。穴の大きさは直径約10cm、深さ約20cm程度の小さなものです。
その穴に入れるのがこちらのステーション。筒状になっており、側面には小さな穴がたくさん開いていますね。ここからシロアリが入り中のベイト剤を食べるような仕組みになっています。
ステーションを先ほどの穴にしっかり埋め込んで設置完了です。これを家の周りを囲むようにおよそ3メートル間隔で埋め込んでいきます。地面から見えるのはこの小さな蓋だけなので美観を損なうこともありません。
上蓋を専用器具で開けて中のベイト剤を定期的に調査します。この白い棒状のものが餌で、シロアリが食いつくとどんどん減っていきます。そのため状況に応じて交換が必要になります。シロアリは常に餌を探して地面の中を移動しているため、このまま放置しておくだけでシロアリのほうから見つけて食べに来てくれます。
一年後に引き抜いてみると・・・小さなシロアリが見えますでしょうか? たくさん食いついて餌の白い部分がほとんどなくなっていました。このベイト剤はじわじわと効果を発揮するもので、シロアリにとっては美味しいんです。餌を見つけた働きアリが少しずつ食べながらどんどんコロニーに運んでいき、王アリや女王アリ、仲間の働きアリにも分け与えます。結果、シロアリのコロニー全体にいきわたり、根絶させることができる仕組みです。
セントリコンシステムは維持管理型ベイト工法と言って、
従来のバリア施工とは全く仕組みが異なる駆除方法です。
床下に大量の薬剤を散布するバリア施工に比べて環境への負荷がほとんどなく、
小さなお子様やペットなどにも安全安心な工法となっています。
環境問題が大きく取り沙汰される現代日本において画期的なシステムと言えるでしょう。
シロアリの生体・習性についての深い知識が要求されますが、
資格を持ったスタッフが自信をもって対応させていただきます。
各種お問い合わせ
022-244-9891
三和商事株式会社
〒982-0032
宮城県仙台市太白区
富沢三丁目5-11
TEL 022-244-9891(代)
FAX 022-244-9895
 
山形営業所
〒990-2483
山形県山形市上町五丁目
1-15
TEL 023-644-5710
FAX 023-644-5710
 
米沢営業所
〒992-0045
山形県米沢市中央2丁目
6-24
TEL 0238-24-1293
FAX 0238-24-1293
メールでのお問い合わせ
TOPへ戻る