本文へ移動

社員のつぶやき

米の安全品質と虫害の関係を考えてみよう

2019-10-01
カテゴリ:その他
夏場に気温が高い日や熱帯夜が続いたことにより、写真のように平野の一部でとれた米には白色米が混じったりしましたが、山間部でとれた米の品質は概ね良好でした。
米につく害虫「コクゾウ」ですが、主に農家の作業場や納屋、蔵などで稲刈り時期に多く見られますが、一般家庭では米袋で玄米のまま購入した際などに見られることがあります。
こちらも米につく害虫で、成虫は翅を拡げた状態で12~16mmの比較的小型の蛾です。メイガ類は穀物だけでなく、乾燥食品や菓子類なども食害するため、一般家庭内で度々発生する事があります。
あまり気分の良いものではありませんが、これらの害虫に食害されるということは、農薬が残留していない人間にとっても安全な品質の米である印にもなります。衛生面やアレルギー等を考慮した上で、米を無駄にせず、適切な処理をした後にできるだけ食すことが大切ではないでしょうか?
これらの害虫が米袋や米びつなど、発生場所が明らかな場合には、廃棄、除去、乾燥、清掃などにより環境を改善することで充分に対策が可能です。
 
他の場所に拡がってしまい、どうしても対応しきれない場合には当社にご相談下さい。
各種お問い合わせ
022-244-9891
三和商事株式会社
〒982-0032
宮城県仙台市太白区
富沢三丁目5-11
TEL 022-244-9891(代)
FAX 022-244-9895
 
山形営業所
〒990-2483
山形県山形市上町五丁目
1-15
TEL 023-644-5710
FAX 023-644-5710
 
米沢営業所
〒992-0045
山形県米沢市中央2丁目
6-24
TEL 0238-24-1293
FAX 0238-24-1293
メールでのお問い合わせ
TOPへ戻る